CSRの取組み

雪印メグミルクグループ CSR方針

 私たち雪印メグミルクグループは、「雪印メグミルクグループ企業理念」を実現するために、「雪印メグミルクグループ 企業行動憲章」に基づき、事業活動を通じて、社会とともに持続的に成長していくためのCSR経営を以下のとおり推進します。

CSR重要課題(マテリアリティ)を特定し、具体的な目標を設定するとともに、取組み状況を定期的に開示します。

  • (1)CSR重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

    社会課題の中から、社会への影響度と雪印メグミルクグループの事業への影響度を勘案し特定します。

  • (2)CSR重要課題(マテリアリティ)

    ●乳(ミルク)による食と健康への貢献
    ●持続可能な酪農への貢献
    ●環境負荷の低減
    ●多様な人材が活躍できる職場の実現
    ●地域社会への貢献

  • (3)KPIの設定

    CSR重要課題(マテリアリティ)にKPI(重要管理指標)を定め、達成に向けた進捗管理と協議を行います。

「CSR委員会」および「全社環境会議」を定期的に開催し、CSR経営に関する取組み計画の策定、KPIの進捗確認を行い、PDCAサイクルを回すことによりCSR経営の継続的推進を図ります。

  • (1)CSR委員会

    CSR経営に関するガバナンスとして、年2回定例委員会を開催しています。社長が委員長を務め?代表取締役、各部門の担当役員およびCSR部長を委員とし?グループにおけるCSRの取組み状況やKPIの進捗管理、活動計画の協議を行います。

  • (2)全社環境会議

    社長が環境最高責任者、環境担当役員が環境統括責任者を務める環境マネジメントシステム(EMS)の実効性を向上するため、年2回定例会議を開催しています。EMSの適切な運用や情報共有、および全社環境目標の協議と進捗管理を行います。

雪印メグミルク株式会社の各部署とグループ各社にCSRリーダーを配置し、コンプライアンス徹底やCSR重要課題(マテリアリティ)の解決に向けて、全従業員が参加する「CSRグループ活動」などの活動を行います。

過去に雪印メグミルクグループが起こした事件への反省のもと、コンプライアンス徹底と未来に向けた社会課題解決のため、年2回、「食の責任を強く認識し、果たしていくことを誓う日の活動」として、全従業員が参加する活動を行います。

「雪印メグミルクグループ 企業行動憲章」を行動に移すために、グループ各社で「行動基準」を策定し、その浸透に努めます。

2021年6月1日
雪印メグミルク株式会社
代表取締役社長
西尾 啓治

このページのトップへ

东京热AV_扩肛_欧美老熟妇乱子伦视频_男女性高爱潮A级视频